2012年04月08日

【ライフエステート】不動産担保ローン

【ライフエステート】不動産担保ローン

お客様のお手持ちの不動産を担保に借替え、事業資金、各種購入資金等、お客様にあった無理の無いご返済計画を立てるのに最適です。
資産である不動産を最大限に担保として活用していただく事で、事業の立上げや運転資金など不動産の評価に応じてご融資いたします。

・長期でのご返済
・低利でのご利用をお考えの方に
* 不動産の評価、担保余力に不安を感じる方でも収入や返済に対する具体的なプランがある方々に強くお応え致します。
担保評価の100%迄可能です

以下のページで返済のシミュレーションが出来ます。是非お試しください。
不動産を担保に纏まったご融資


posted by 不動産担保ローン調査人 at 21:12| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

総合マネージメントサービスの不動産担保ローン

総合マネージメントサービスの不動産担保ローン

早急に資金が必要な方へ

「総合マネージメントサービスの不動産担保ローン」なら
・資金使途が自由。
・当日融資 3000万円迄可能。
・融資迄 原則として3日以内。

です。

また、総合マネージメントサービスのホームページでは、以下の疑問に答えています。
Q.01  父の自宅を担保に私が借り入れできますか?
Q.02  新規に事業を始めたいのですが、サラリーマンを辞めて現在無職でも大丈夫ですか?
Q.03  土地を売却したいのですが、買い手が見つかりません。売れるまでのつなぎ融資は可能?
Q.04  家族に内緒でお願いしたいのですが・・・
Q.05  資金が急に必要に。やむなく高利金融で借りてしまったのですが、相談は可能ですか?
Q.06  父親など(自分以外)が所有している場合でも融資は受けられますか?
Q.07  収入面での不安がありますが、融資は受けられますか?
Q.08  家族に内緒の借り入れはできますか?
Q.09  何歳から借り入れはできますか?
Q.10  未納税があるのですが・・・
Q.11  競売物件の購入資金について融資は可能ですか?
Q.12  決算が赤字だったのですが・・・

早急に資金が必要な方は一度ご確認してみてはいかかですか?

★無料審査★総合マネージメントサービスの不動産担保ローン★秘密厳守★




posted by 不動産担保ローン調査人 at 19:35| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

融資額はどうやって決定される?

融資額はどうやって決定される?

不動産担保ローンは不動産を担保にしてお金を借ります。そのため、融資額は担保となる
不動産の評価価格により決定されます。

業者が行う実際の査定(評価)の流れはおおむね、以下の通りです。

@机上評価
 地価公示価格や路線価格を参考に机上評価を行う。
A不動産会社への調査
 電話などにより近隣の不動産会社に付近の相場などを聞き込み調査を行う。
 但し、この段階では、融資申込人の不動産を特定しての聞き込みはしない。
B融資申込者の不動産調査
 融資の申込みを受け付けた後、現地にて実際の不動産を調査する。一般的に融資申込者
 が想定している評価価格より低い価格になることが多い。担保に入れる不動産評価額
 が高ければ、融資額もその分多くなる。


posted by 不動産担保ローン調査人 at 04:03| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

融資までの流れ

1.ローン会社に相談
  電話、オンラインで担保不動産、ご希望融資金額、お借入
 状況等について報告。

2.来店
  必要書類を持参の上、所定の申込書に記入し、正式な申込
 する。

3.審査
  ローン会社によるが、例えば2日から10日

4.審査結果の連絡
  審査終了後、融資の可否の連絡がくる。

5.契約
  必要書類を持参の上、契約書を取り交わす。

6・融資
  希望日に融資される。


 
posted by 不動産担保ローン調査人 at 09:47| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

不動産担保の保証人不要とは?

不動産担保の保証人不要とは?

金融機関より融資してもらう場合は、保証人の依頼を第三者にすることが一般的です。このことは借りた側が返済できなくなった時でも、金融機関が取り逃れすることを防止するためのものです。

しかし、第三者の保証人が不要な融資が存在するのをご存知でしょうか?

国民生活金融公庫においては、不動産などの担保もなく、保証人も見つけられないという方のために保証人の範囲を拡大する制度が設けられています。それが「第三者保証人などを不要とする融資」です。

この制度は、融資を受ける人の配偶者が保証人になるもので、これにより融資を受けることが可能となるものです。これによって、融資を受けられるようになった事業主の方もたくさんいるのではないでしょうか。

ところで、この第三者保証人などを不要とする融資を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

所得税を期限内に収めていること、2期以上税務申告をしていること、最近の業績などから、担保や第三者保証人がいなくても融資できると認められることです。

最初の2つの条件のクリアは、わりとすんなりできるのではないでしょうか。しかし、事業を始めて間もない人は、2期以上の税務申告を行っているはずがないので、その場合は新創設融資制度を利用しましょう。

残っている課題が一番難関です。業績が良くないと融資をしてもらうことができないということです。業績がよいのであれば、無理に融資を受ける必要はありません。そして、業績が悪いからこそ、不動産などの担保が用意できない方が多いのにおかしな話ですね。

しかし、身内からしか保証人をだせないのならば、一層利益をあげて返済していかなければならないということなのでしょう。

第三者保証人不等を不要とする融資の条件は、融資額は1500万円以内で、返済期間は設備資金は10年以内で、運転資金の場合は5年以内です。

金利は基準金利に0.9%上乗せされます。
連帯保証人は、法人の場合は代表者と、必要に応じてその家族、個人の場合は従業員か家族ということになります。

いままでの話にあるように、不動産担保ローンが受けられない場合でも、他にさまざまなお得ローンはあります。
不動産担保ローンのみにこだわらずに、他にもいろいろと調べてみるのがよいです。しかし、積極的に融資を受けることをすすめているわけではありません。

不動産担保ローンなどを借りないで済むように頑張ってみましょう。
posted by 不動産担保ローン調査人 at 23:02| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

不動産担保ローンの返済

不動産担保ローンの返済

ローンでお金を借りるということは、当然借りた額をきっちりと返済しなければなりません。
では、不動産担保ローンで借りたお金はどのように返済することができるのでしょうか。

不動産担保ローンは、有担保フリーローンですので、金利は無担保ローンと有担保目的別ローンの間くらいの金利で、代替5%くらいだそうです。

高額のお金が借入可能です。返済期間も住宅ローン並みに長い25年位まで可能です。
返済方法は、いくつかの方法があります。たとえば、元利金均等返済・ボーナス併用・一括返済などの方法です。これらの中から、家計に大きな負担をかけない返済方法を選択しましょう。

返済期間を長期間にすると、月々の返済金額は少なくて済むと思うかもしれません。しかし、返済期間が長い分利息が多くなり、総返済額がかなり高くなってしまいます。

もし、まとまったお金が入ったときは、手数料を払って、借金返済にあてましょう。そのほうが金利分を安くあげることができますので、賢い返済方法といえると思います。

不動産担保ローンでは、さまざまな事情によって返済不能状態になってしまった場合、金融業者は担保にしていた不動産を売却してしまいます。その時点で万が一、不動産の評価額が当初の査定した額よりも低くなっていた場合は、その不足分の債券を支払わなければなりません。

所有していた不動産は失ってしまうし、借金も抱えてしまうかもしれないという危険性も十分頭に入れておいてください。

また、悪徳金融業者が多いのも事実です。
融資業者を選ぶ時には、その会社が都道府県、または金融庁の貸金業登録業者に加盟していることを必ず確認しましょう。

加盟していない会社は悪徳業者の可能性が高いです。
融資会社を見極め、返済計画をきちんと相談し、無理のない返済をこころがけましょう。
posted by 不動産担保ローン調査人 at 20:29| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

不動産担保ローン金利について

不動産担保ローン金利について

あなたは不動産担保ローンの平均的な金利がいくらくらいかわかりますか?
不動産担保ローンの相場は一般的に7〜15%位です。一般的な期間は、20年から30年位の長期融資のようです。

金利はローリスクローリターン、ハイリスクハイリターンの原則にのっとって決定られるようです。全額返済してもらえない危険性が高い場合はハイリスクのため、その分金利も高めに設定されることになります。

一般的なキャッシュローンと比較すると、無担保ローンの方が保証人や抵当物件が設定されない分、有担保ローンより高金利となります。
有担保のフリーローンの不動産ローンの金利については、住宅ローンなどの有担保目的別ローンと消費者金融のキャッシングなどの無担保フリーローンの
中間くらいに設定されます。

しかし、借り手の年収や過去の返済実績、他の借金の有無などで信頼できるか、返済能力が十分にあるかを総合的に判断されます。なので、具体的な金利は、7から15%と考えておいた方が間違いないでしょう。

不動産担保ローンの場合、借入金額が高額になります。なので、返済期間は住宅ローンなみの25年等の長期設定をすることが可能です。
月々の返済額を減らしたいなら返済期間を長くした方がいいですが、その分金利の負担が多くなりますので、総合金額が非常に高くなるということは、頭に入れておきましょう。

手数料を支払うと繰り上げ返済をすることができますので、まとまったお金ができた時はその制度を利用して、返済期間を短縮しましょう。

悪徳業者もいるようなので、融資会社の選択は慎重に。


posted by 不動産担保ローン調査人 at 20:51| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

セゾンの「ローン百選」

●不動産担保ローン
連帯保証人:原則不要
抵当権設定:有り(マンション可)
本審査は必要書類提出後、最短2営業日
融資額 100万〜3000万 6.97%〜12.20%
(100万〜1000万のコースもあります)

 満20才〜65才以下、完済時80才以下の方
 安定した収入のある方
 原則団体信用生命保険加入いただける方
対応エリアは
 関東エリア(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
・静岡県 山梨県・栃木県・茨城県)
 関西エリア(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県
奈良県・和歌山県)
 中京エリア(愛知県・岐阜県・三重県)
となります。
株式会社セゾンファンデックス
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・53F
TEL 03-3988-3804 関東財務局長(6)00897号
posted by 不動産担保ローン調査人 at 12:02| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

不動産担保ローン−会社の選び方

不動産担保ローンでお金を借りたいのだけれど、どこの金融会社

で借りたらいいのか分からないという方は、大勢いらっしゃるので

はないでしょうか。

金融会社の比べてみたいが、何社もの会社に足を運ぶのはけっこ

う大変だし、そんな時間もないという方がほとんどだと思われま

す。

そこで、近所の銀行や消費者金融会社に行ってみて、実際に不動

産を審査してもらったけれど、もし、予想を大きく下回る金額だ

った場合、本当に残念な思いをしますよね。

大切な不動産を仕方なく担保にするわけですから、そんな金額では

納得がいかないと思います。そうならないために

も、金融会社はきっちり比べる必要があります。

では、どうすれば容易に比較できるのでしょうか。そんなときは、直接金融会

社に足を運ばなくとも、インターネットを使えばとても便利ですね。イ

ンターネットで「不動産担保ローン 比較」と入力して検索すれば、容易に不動産担保ローン関連のサイトを検索することが可能です。

そこで検索したサイトを利用すると、限度額、金利の違い、最長借入年数、審査に要する日数、

などを一発で比べることが可能です。

不動産担保ローンを選択するコツは、以下のとおりです。
・自分に適する融資限度額の金融会社であること。
・不動産担保ローンを専門的に取り扱っている会社であること。
・利率が低いこと。
・審査が1週間以内に完了すること。
・貸金業登録業者として金融庁へ登録されている会社であること。
など

これらを念頭において

金融会社を決定すると、安心して融資を受けることができるでしょう。とりわけ、金融庁へ登録している会社を選択しないと、悪徳業者である

場合が多いので、これだけは忘れないようにしましょう。より良い融資を受けることができるよう、不動産担保ローンの比較をキチンと行い、借金完済を確実に行いましょう。

posted by 不動産担保ローン調査人 at 16:02| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

不動産ローンの長所と短所

不動産ローンの長所と短所は一体どういうものがあるのでしょうか。

不動産担保ローンの長所としては、無担保ローンと比較して低金利で融資を受けられるということです。おおよそ5%〜くらいだそうです。金利が安いので、当然、総返済額も安くおさえることが可能です。
不動産の査定価格にもよるためはっきりとは言えませんが、500万円以上の高額な借り入れを受けることが、たくさんのローン会社で可能です。
返済がされない場合、担保となる不動産を売れば借金の回収が可能なため、金利が低くなっています。
自分にぴったりの金融会社を選び、返済の計画について融資元とよく相談することが大切です。計画的な支払いを心がけましょう。

不動産担保ローンの短所としては、融資の担保不動産に抵当権または根抵当権の設定登記がなされます。
もし支払が出来なくなってしまった時には、担保の不動産を融資会社に売却されてしまい、自分のものではなります。
また、不動産を売却したとしても売却価格が下がっていて借金の回収ができなかった場合、その不足分を別途、返済しなければなりません。金融会社を探す時は、信用のおける会社かどうかを見極めることがとても大事です。
但し、残念なことですが悪徳業者が多いのが現実です。
金融庁の貸金業登録業者に加盟している会社かどうかを確認は怠らないようにしましょう。

高額な融資をまとめて受けられる不動産ローンですが、銀行や消費者金融会社で取り扱っており、低い金利であり、支払も1か所ですむから楽だと思われている方も多いのではないでしょうか。しかしながら、不動産を担保にする危険性も忘れてはいけません。使い方を誤ると借金を大きく増やしてしまう危険性もありますので、ギャンブルや遊行目的で気軽に不動産無担保ローンを組まないようにしましょう。

不動産担保ローンは、長所と短所をよく頭に入れた上で、賢くを利用するようにしまとよいでしょう。

posted by 不動産担保ローン調査人 at 14:38| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンは、保有する不動産を担保に用いた金融サービスのことです。 不動産を担保にすることによって、低利息で、比較的まとまった金額のお金を長期間にわたって借り入れることができます。

不動産担保ローンにおいては、金利が銀行の目的別ローンより高くなります。その理由は、借りたお金の使い道が自由に選べるフリーローンだからです。しかしながら、消費者金融などの無担保ローンと比べてみると、不動産を担保にしているので利息は大変安くなっています。

自分名義の不動産を担保にする、不動産担保ローン。しかし、不動産は流通性が低いので、借地の上に建てられたものは担保価値が認められない場合もあるようです。

現在では、住宅購入資金、教育資金など、手持ちの金額に比べて、より多くの出費がかかってしまうことが当たり前の時代になりました。
お金を借りる場合は、自分の収入や借りる目的などをよく検討し、確実に返済していけるように、より有利な方法を選択することがとても大切です。

現在、「ローン」と呼ばれている各金融機関による貸付サービスですが、不動産担保ローンを含め、色々な商品が提供されています。大きく分けるとフリーローンと目的別ローン、無担保ローンと有担保ローンに分けられます。

フリーローンというのは、借りたお金の使い道は特に問わないというローンです。カードローンがこれに当たります。
目的別ローンは、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、借入をする時に、借りたお金の使い道が具体的に決められているものをいいます。多くの場合、この借入金については借り手を経由することせず、業者や学校などに直接支払われるそうです。

有担保ローンは、各金融機関が素早く確実に貸付たお金を回収するために、住宅や土地など、換金出来るモノを担保にとるというものです。無担保ローンには、その名の通り担保なしでお金を借りることができます。
住宅ローンは有担保の典型であり、カードローンは無担保の典型です。不動産担保ローンは、こうした分類によれば、「有担保」の「フリーローン」ということになります。

posted by 不動産担保ローン調査人 at 19:05| 不動産担保ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。